お知らせ

その入れ歯、違和感大きくて話しづらくないですか?

2021.10.12

目次

こんにちは 東大宮の歯医者「医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 東大宮診療所」副院長の内田です。今回は前回の関口先生に続いて別の特殊な義歯、いわゆるアタッチメント義歯についてお話したいと思います。

アタッチメント義歯とは金具を歯と一体化した精密な構造を持つ入れ歯です。

保険適応の部分入れ歯との違い

保険適用の義歯は、金具だけで固定します。義歯が沈み込まないように嚙む面の端のほうにくぼみを作るように少し削りますが歯を削る量が少ないのが利点です。ただ金具だけでは不安定なためピンク色のプラスチック部分を大きくして安定するような設計になっています。大きくなったことでお口の中の違和感も大きくなり、発音や食事に影響が出やすくなります。奥歯がダメになって大臼歯が2本以上無くなった時にまずこのような保険適用の義歯を入れることが多いと思います。ただこの義歯、金具をひっかけて留まっているだけなので物を噛むと揺れて安定感が劣り咀嚼効率(物を噛む能力)は天然の歯の20~30%程度です。このタイプの義歯を入れられた多くの方が言われるのが、一番上の写真のように舌の前に義歯のプラスチック部もしくは金属の棒のようなものが来るので金具の見た目の問題よりも違和感があって話しづらいということです。

これがアタッチメント義歯にすることで前歯の裏側、舌の前に義歯が来なくなり支える歯との一体化により安定感が大きく向上します。

実際のアタッチメント義歯

左が義歯を外したところ、右が装着したところ。義歯の側面にあるボタンを押しながら出し入れします。押さないと外れません。

 

側面のボタンがないタイプが主流になってきています。

アタッチメント義歯の内面、マイナスドライバーで取り外しのきつさを調整できます。

 

 

まとめ

保険適用の義歯と比べて

前歯の裏側、舌の前に義歯が来なくなり、義歯が小さくなるので話しやすくなります。

しっかり固定されるので食べているときに外れません。取り外しは難しくありません。

金具が見えないので見た目が自然で目立ちません。

義歯を入れる手前の2本を使うので、元々、冠が入っているなら特に銀の冠が入っているなら白い歯になるのでお勧めです。何も金属が入っていない歯だと大きく削るデメリットがあります。

噛む面が金属になりすり減りにくくなり咀嚼効率も上がりますが、より噛める天然の歯のようなレベルを希望されるならインプラントをお勧めいたします。

経年変化で歯のない部分の顎堤(土手のところ)が痩せてくると、アタッチメント義歯でも適合が悪くなり義歯を支えている手前の2本の歯に負担が生じてきます。隙間ができて適合が悪くなっても裏側にピンク色のプラスチックを追加して適合の回復が図れます。その際は保険適用で行えます。

長くお使いになっていただくために最低6か月毎の定期検診が大切です。

歯を失った欠損の状態、使う材質により金額が異なりますので義歯についてお困りの方はぜひ当院にご相談ください。

東大宮の歯医者「医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 東大宮診療所」