お知らせ

コーヌステレスコープ義歯について

2021.9.30

目次

こんにちは。東大宮の歯医者「医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 東大宮診療所」 の歯科医師 関口です。

今日は、金具の見えない義歯、コーヌステレスコープ義歯についてお伝えしたいと思います。

 

コーヌステレスコープ義歯とは?

支えとなる歯に内冠を被せ、義歯の内側にある外冠と組み合わせる事で装着する義歯です。

内冠の外面と外冠の内面が、接触し円錐状の斜面を滑ることによる摩擦と嵌合により維持力が発現されるため、

義歯をお口の中でしっかりと固定することができます。

硬いものや粘着質の物も咬むことができる機能的にとても優れた義歯です。

つまり、コーヌステレスコープ義歯は茶葉を入れる茶筒をイメージすると分かりやすいです。茶筒は本体を強く振っても蓋は外れませんが、蓋にゆっくりとした力を加えると簡単に外れます。コーヌステレスコープ義歯も同じ原理を利用しています。

長所

  • コーヌステレスコープにした歯が筒状型になるため清掃性にすぐれています。それにより歯周病や虫歯になりにくいです。
  • 一般的な義歯のように金具がないため義歯であることが気づかれにくいです。そのため、審美的に優れています。
  • 通常の義歯と比較して、安定性が高くずれたり外れたりしにくいためよく咬むことができます。
  • 土台となる歯が長い期間の使用によりダメになったとしても、修理や改造で対応できるので義歯を長く使用し続けることが可能です。
  • 歯周病等で骨が吸収されて、動揺している歯をコーヌステレスコープに使用することで、逆に強固に固定することができ、その歯の寿命が長くなります。
  • 支えとなる歯と義歯が、一体化するので、ご自身の歯の様な感覚で噛む事ができます。
  • 通常の金具がある義歯は、取り外す時に、金属の金具を掛けた歯に対しての負担が大きいですが、コーヌステレスコープの場合は二つの筒状型のもので固定するので取り外しの負担が少なくなり歯の寿命が長くなります。

ご検討の皆様へ

コーヌステレスコープ義歯について興味がある方は、お悩みの方はぜひ当院までご相談ください。

コーヌステレスコープ義歯のことなら「東大宮の歯医者 医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 東大宮診療所」