お知らせ

定期検診について

2020.12.16

目次

こんにちは、歯科衛生士の渡邉です。

突然ですが、みなさんは歯を失う原因は何かご存じですか?
イメージはつくと思いますが、主な原因は歯周病とむし歯です。
これらの要因となるのは歯垢(プラーク)の中に潜む細菌です。

・歯周病

いくつか種類がある歯周病菌に感染することで起こります。
感染すると歯肉に炎症が起こり、腫れたり出血したりします。
歯周病が進行すると、歯を支えている顎の骨が溶け、支えを失った歯は抜けていきます。

・むし歯

主にミュータンス菌と呼ばれる細菌が原因となります。
細菌の出す酸によって歯が溶かされることで、もろくなり、穴が開いてしまいます。

どちらも重症になるまで自覚症状が少ないのが特徴です。
この歯を失う原因である歯周病とむし歯から歯を守り、予防し、将来ご自身の歯を多く残すためには毎日のお口のセルフケアが重要です。
ただ、セルフケアには限界があり、磨き残しができてしまうので定期的なクリーニングが必要です。
当院では患者さんの状況に合わせた間隔で定期検診をお勧めしております。
症状などが何もなくても早期発見、早期治療、そして予防のために3~6カ月に一度は定期検診を受けるようにしましょう。